教員・研究者紹介

ピーターズ マイケルPETERS Michael
特任講師

専攻分野:国際関係、文化人類学

教員データベースの参照はこちら

学生の皆さんへメッセージ

野球選手は三割打てば、スーパースターとみなされる。つまり七割失敗しても、成功者なのだ。英語を学ぶのも同じ事。失敗を怖れず、自信を持って!

If a baseball player hits .300 (in baseball, .300 =three hundred =30%), they are considered a superstar. They make mistakes 70% of the time, and they are considered successful. The same goes for learning English. Don't be afraid to make mistakes and be confident!

論  文
  • “Migration Flows of Baseball Players from Japan to North America” East Asian Immigration in an Age of Globalization: “Conference on Japanese and Canadian Immigration and Foreign Workers” ブリティッシュコロンビア大学 2009年11月20日 カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー

  • “Assisting Advanced Students in Beginner Classes”第38回全国語学教育学会年次国際大会 教材展示会 アクトシティ浜松(静岡県浜松市) 2012年10月12日-15日 (w/ B. Bailey, J. Huang)

  • “Dependence, Obligation and Improving Livelihoods: the Importance of Remittances for Kenyan Migrant Athletes in Japan,” in the panel of Transnational Sport Migrants and Human Futures ヨーロッパ社会人類学会European Association of Social Anthropologists (EASA)第14回定例年次会議  ミラノ市、イタリア ミラノ・ビコッカ大学 2016年7月21日

  • Coping with Uncertainty: Kenyan Migrant Athletes in Japan.” Part of Panel: Gambling with Uncertainty: Transnational Mobility and the Global Sports Industries.アメリカ文化人類学会American Anthropological Association (AAA) 115th Annual Meeting 第115回年次会 ミネアポリス、アメリカ合衆国 ミネアポリス・コンベンションセンター 2016年11月19日

  • “Kenyan Runners in Japan: Understanding the Interplay between Maendeleo, Migration, and Success.”グローバルスポーツ学会 GLOBALSPORT Conference プラハ市、チェコ共和国 ビラ ラナ 2017年6月7日

学会発表
  • Being a Good Friend; Practices of Borrowing and Lending Money among Kenyan Runners in Japan グローバル・スポーツGLOBALSPORT (アムステルダム, オランダ) http://global-sport.eu/practices-of-borrowing-and-lending-money-among-kenyan-runners-in-japan 2015年7月

  • Running, Spending, and Saving in Japan、Anthropology News Vol 57; editions 7-8、2016年6月 3-4頁(総47頁)

学  歴
2002年5月
ブランダイス大学(東アジア研究学科))学士号取得、BA, Dean's List 卒業
2010年3月
早稲田大学大学院国際関係修士課程修士号取得(アジア太平洋研究科)卒業