活動内容

英語コミュニケーション能力の開発/学習サポート

キャリア形成のための語学学習をサポート

TOEFL®対策講座

TOEFL®(Educational Testing Service運営・Test of English as a ForeignLanguage、https://www.ets.org/jp/toefl)は海外留学の選考基準としてだけでなく、国内の大学・大学院においても入試の一環として活用されています。言語コミュニケーション研究センターではTOEFL®対策クラスを全学共通科目として毎学期開することにより学生のTOEFL®受験を推進し、学生が海外の大学レベルの英語を理解・使用できるように努めています。

TOEIC®対策講座

TOEIC®(国際ビジネスコミュニケーション協会運営・Test of English for International Communication、http://www.toeic.or.jp/)は英語によるビジネスコミュニケーション能力を測定するテストです。グローバル化が身近に感じられるようになった今日の社会において、この英語テストは多くの日本企業が海外赴任者の選抜試験として、あるいは、昇進や昇給の条件として、さまざまな用途で利用されています。言語コミュニケーション研究センターでは、特に1、2年生の英語クラスにおいて集中的にTOEIC®の演習を行い、リスニングおよびリーディング能力の向上に取り組んでいます。また年に2回TOEIC® IPテストを実施し、各学生が学力の向上を確認できるように努めています。

英語プレゼンテーションの強化

表現力の強化のために英語プレゼンテーションに取り組んでいます。

英語習熟度を判定するテストの開発・実施

プレイスメントテスト/アチーブメントテスト

英語コミュニケーション能力の向上を促進する目的で2006年4月から1~2年生の英語科目習熟度別クラス編成を開始しました。2016年からプレイスメントテストとアチーブメントテストとしてTOEIC®IPを導入します。